結婚式場選びや祝い品選び|Familyスマイリー

感謝の気持ちを込めて

真剣に、感謝を込めたプレゼントを贈りましょう

新郎新婦

二十歳になると大人になった気がしますが、結婚してみて思うこと、それは結婚こそが大人の始まりではないかという点です。今までは自分の好きなように、自分のことを中心に考えてきました。しかし、結婚すると自分と同じくらい家族のことを考え、自分のことよりも優先するかもしれません。他人同士が家族になり、その人の周りの方々とも付き合いが始まるので、周りの方々を見直す機会でもあると思います。結婚してまず悩んだことが、結婚祝いのお返しでした。まだ、顔も知らない彼の親戚や上司に結婚祝いに何を贈ればいいのだろうとすごく悩みました。インターネットで検索してみると、タオルセットやお菓子の詰め合わせなどがありました。インターネットで数多くのお返しの商品や専用のサイトも出てきたので、そこでいろんな商品が見られました。

相手を知ることで相手が欲しいものがわかる

彼の知り合いは、彼しか情報を知りません。まず、彼にお祝いをくれた人がどんな人かを教えてもらいました。どんなに些細なことでも情報収集は必要です。独身だとかお子さんがいるとか好きな食べ物、好きな色、そういった知っていることをできるだけ聞きました。百貨店などに行けば、おすすめの商品などたくさん売っています。もちろんネットでも売っています。年配の親戚などには、それなりの値段がするお皿やお花を贈りました。よくお祝いの半返しぐらいと聞いていたので、値段はだいたいそれを目安にしました。友達や彼が仲良い同僚には、その人にあったお酒を一人一人見つけて贈りました。彼と渡す相手を思い浮かべながら、多くのお酒が売っている場所に行き試飲をたくさんしました。結婚祝いのお返しを選べるなんて一生に一度、あるかどうかの貴重な時間です。そういった二人の時間ができるのはとても楽しく、夫婦を感じられました。面倒な人付き合いではありますが、これまで関わってきた周りの人、すべての人に感謝を込めて、相手が喜ぶ結婚祝いのお返しを選んでみてはいかがでしょうか。